大きくてたっぷりとした羽毛布団

これって自宅の洗濯機で洗うことって可能なのでしょうか。

null

家で洗えちゃえばそりゃあ楽ですが~。

せっかくふわふわの羽毛布団がぺっちゃんこになったちゃったら悲しいですし、そもそもダメにしちゃったら元も子もないですよね。

イケる、イケないは、どこで判断したらよいのでしょうか。
また、洗えるのであれば具体的にどのように洗えばよいのでしょうか。

ということで今回は、羽毛布団の洗濯方法についてまとめました。

洗濯する際の注意点や見ておきたいポイントなどもチェックしていきましょう!

Sponsored Link

羽毛布団は自宅の洗濯機で洗えるのか

結論からいうと、羽毛布団は自宅で洗濯できるものと、できないものがあります。
まずそこをチェックする必要があります。

チェックの仕方は、羽毛布団についているタグを見ましょう。
見てみると、四角い洗濯機マーク手洗いマークが付いています。

マークがついていれば自宅洗濯OKとなるのでクリーニングに持っていく必要はありません。

手洗いマークは「手洗いOK」という意味ですが、洗濯機の手洗いコースなどで洗うことも可能です。

逆に洗濯機マークにバツが付いているものは自宅で洗濯はできません。

横にドライと書いてあれば、

洗濯は不可だけどドライクリーニングはOK

という意味なのでクリーニングに持っていきましょう。

最近では新しい表示やマークも増えて分かりづらくなっていますが、間違った洗濯をしてしまうと羽毛布団が台無しになってしまうので注意しましょう。

ちなみに、

手洗いOKだけど大きすぎて洗濯機に入らない

ということも多いですよね。
(^^;

特に一人暮らし用の小さな洗濯機だと大きな羽毛布団は入りません。

その場合はお風呂の浴槽に洗剤を入れて、羽毛布団を浸し脚で優しく踏み洗いするという方法があります。

洗ったら浴槽の側面を使って脱水します。

Sponsored Link

使用する洗剤と注意点

それでは次に、使う洗剤についての注意点を紹介していきましょう。

普通の洗濯物も場合は弱アルカリ性の洗濯用洗剤を使いますよね。

しかしアルカリ性の洗剤というのはタンパク質を溶かしてしまう性質があります。

羽毛というのはケラチンというタンパク質の一種が含まれているのでアルカリ性の洗剤で洗うと駄目になってしまいます。

羽毛布団を洗濯する際は中性洗剤を使いましょう。

中性洗剤は「オシャレ着用洗剤」として販売されていることが多いので、裏の表示をよく見て使用して下さい。

Sponsored Link

迷ったらクリーニングに出そう

市販されている羽毛布団は大体洗濯マークが付いていますが、中には付いていないものもありますし、取れてしまって分からないということもあります。

そういった場合にはクリーニング屋さんに持っていくのも一つの手です。

自宅でも羽毛布団を洗うことはできますが、やはり大きなものを干すのは大変です。

乾燥機が無い場合は家の物干し竿で干さなければいけませんし、天気の良し悪しも関係してきます。

それに羽毛布団は分厚いのできちんと乾くかも心配です。

null

クリーニングは高額なイメージがありますが、羽毛布団の料金は3,000円~7,000円くらいです。

羽毛布団のクリーニング代

3,000円~7,000円



結構な開きがありますよね。

3,000円台ならそこまで高額でもない気もします。

クリーニング屋によってはキャンペーン価格などでもっと安くなる場合もあるのでお得なタイミングをはかると良いですよいですよ!

まとめ

今回は羽毛布団の洗濯について紹介しました。

羽毛布団を洗濯する際はまず洗濯マークのチェックが肝心です!

洗濯できない場合や方法が分からない場合はクリーニングに持っていくのも賢い方法ですが、クリーニングは仕上がるのに時間がかかるのでそれも計算に入れておきましょう。


自宅でやればお金もかからないし、洗ってから干すまでが短時間ですむけど、失敗すると悲惨なことに・・・。

対して、クリーニング屋さんに持って行けばお金はかかるし、大変だし、時間もかかるけど、しっかりふわふわな状態で洗い上げてくれます。

一長一短ですが、ご自身の環境やお財布と相談してチョイスしてみてくださいね。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link