冬場に活躍する毛布

しかし、温くなってきたら、またしばらくは使わなくなります。

そうすると、押入れ収納行きとなるのですが、冬の間に毛布の数を増やしてしまった場合など、収納スペースが足りなくなることがあります。

null

そんな時に便利なのが圧縮袋ですよね。
(^-^)h

袋に入れて、空気を吸って、普通よりもコンパクトなサイズに圧縮して収納することができます。

しかし、普通の掛け布団などはよく圧縮袋で縮めて収納しますが、毛布も圧縮袋で収納してしまって大丈夫なものなのでしょうか。

ということで今回は、毛布の収納方法についてまとめました。

ついでに圧縮袋以外の収納方法もみていきましょう!

Sponsored Link

圧縮袋を用意しよう

毛布のようなかさばるものは収納が大変!

そんな時に活用したいのが圧縮袋ですが、毛布も普通の掛け布団のように圧縮袋に入れて収納が可能です。

では新たに圧縮袋を用意するのに、どこで調達するのがおすすめなのか。

ここでは、いくつか圧縮袋の調達先をチェックしていきましょう。

ベルメゾンネット

ベルメゾンではいろいろな種類の圧縮袋が販売されています。

1,000円以下の安価なものから、5,000円近くするものまでさまざまなものがあります。

またケースに入れて圧縮するものや、圧縮ビニールに入れてぺちゃんこになるまで圧縮するものもあり、圧縮具合もいろいろです。

なので自分に合ったものを購入することができます。

ニトリ

ニトリの圧縮袋はMサイズLサイズと分かれているます。

また、それとは別に「毛布用・タオルケット用圧縮袋」というものも売っています。

価格は500円前後ととてもリーズナブル!

無印良品

無印良品でも圧縮袋は扱っていますが、布団用ではなく衣類用となっています。

旅行などで荷物を多くしたくないときにTシャツなどを圧縮させるために使うようですね。

毛布に使えないこともないですが、420mm×500mmなのでサイズはちょっと小さめです。

100均

最近では100均でも圧縮袋を扱っています。
ダイソーキャンドゥなどの大手100均ショップで購入できます。

ただ、1回使うと駄目になってしまうことも多いので、100均のを利用する場合は使い捨てくらいの気持ちでいた方がいいですね。

あまり予算がない場合などにはおすすめです。

Sponsored Link

毛布の収納方法

それではさっそく毛布の収納方法をいくつか紹介していきましょう。

圧縮袋で収納する

収納スペースを考えれば一番場所を取らないおすすめの方法が圧縮袋で毛布を圧縮してしまうという方法です。

圧縮袋で縮めてしまえばもともとの1/3か1/4くらいの大きさになるので、かさばる心配もありません。

重ねて収納できるので何枚も一気に収納することも可能です。

しかし圧縮袋で収納するとぺちゃんこになってしまうので毛布の性質によってはふわふわの状態に戻らないこともあるため、注意が必要です。

圧縮袋に入れる前にきちんと洗濯しておく!

毛布を圧縮袋に入れる前に、きちんと洗濯しておく必要があります。

使ったままの毛布にはカビ菌や汚れが付着しています。

そのまま圧縮してしまうと毛布がカビたり汚れが落ちなくなることもあるので、しっかり洗濯して完全に乾燥させてから圧縮するようにしましょう。

ダニ対策も忘れずに!

また、毛布などの布類にはダニが付くことも多いです。

ちゃんと洗濯して乾燥させてから収納するのはダニ対策にも効果的です。

それでもダニが気になるという方は、毛布の間に防虫剤を挟んで圧縮するというのもおすすめです。

カチカチになるまで圧縮しない!

あとは、圧縮する時にガチガチになるまで圧縮しないようにしましょう。

圧縮袋に入れて掃除機で吸うと、どんどん毛布が小さくなって面白いですが、調子に乗って圧縮してしまうとカチカチになってしまい袋が破れたり、縮み過ぎてしまうことがあります。

過剰に圧縮すると元の状態に戻りにくくなるので気を付けるようにしましょう!

Sponsored Link

毛布収納ケースを使う

毛布収納ケースは四角いケースで中に毛布を畳んで入れることができます。

やや場所は取りますが、圧縮しない状態で収納できるのでふわふわ感が損なわれないのがメリットです。

また四角いケース型なので重ねて収納できるのも良いですよね。ベルメゾンなどで販売されています。

畳んで引き出し収納

毛布を畳んでタンスなどの引き出しにしまうというのもひとつの収納方法です。

圧縮の手間が無いのでお手軽といえばお手軽です。

ただし、そのまま引き出しに入れてしまうと虫に食われたりカビが生えたりする心配もあるので注意が必要です。

まとめ

今回は毛布の収納方法について紹介しました。

毛布も他の布団同様に圧縮収納することができますが、圧縮方法や圧縮前の準備などにいろいろと注意が必要です。

きちんと洗濯して乾燥させ、せっかくの毛布をダメにしてしまわないように注意して保管するようにしましょう。

また、毛布というのは毛羽立ちが気になることも多いので、圧縮前にブラッシングなどをしておくとケバケバになるのを防ぐことができます。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link