ケーキなどにクリームをデコレーションする時に必要な絞り袋

でも普段あまりお菓子作りをしない場合は、

あれ?絞り袋の口金どこいったっけ?

なーんてことも多いですよね~。

null

口金がないと絞り袋も使えないですし・・・。
何か他のもので代用できないのでしょうか。

袋状に出来て、中にクリームを入れられるようなものであれば絞り袋の代わりになりそうですよね。

例えば、ラップとかクッキングシートとか。

ということで今回は、「絞り袋がない!」という場合に他の物で代用する方法についてまとめました。

Sponsored Link

どんなものなら代用になる?

絞り袋が使えない~!

というときは家にある手近なもので代用できるものはないものか。

ここでは、代用品として使えるものを紹介していきましょう。

ラップフィルム

サランラップやクレラップなどのラップフィルムはもともとお皿を密閉するものですが、中にクリームや生地を入れることで絞り袋の代用として使うことができます。

中にクリームを入れて三角形に折ってからくるくると丸めていくと絞り袋のような形になります。先端をハサミで切れば即席の絞り袋のできあがりです。

クッキングシート

クッキーを作るときにオーブンの鉄板の上に敷いたりするクッキングシートはツルツルしていて耐久性があって絞り袋の代用品としては優秀です。

ピンと張ったシートは適度な硬度もあるので搾りやすです。

三角形に切ってからくるくると巻いて、中にクリームを入れて使いましょう。

ビニール袋

透明なビニールって四角形をしていますよね。その端っこを切ると丁度絞り袋のような角ができあがります。

ただ、このままだと四角くて搾りにくいので反対側の角を折ってからテープなどで止めて、全体的に三角形にすると持ちやすくなります。

ふにゃふにゃの柔らかいビニール袋ではなく、少し高度のあるしっかりしたビニール袋を使うと搾り出しやすいです。

Sponsored Link

ファイルケース

大切な書類などを挟んでおく透明なファイルってありますよね。
100均で3~5枚セットでよく売っています。

この角を薄く切って絞り袋に代用することができるんです。あまり柔らかくないので、搾り出し口がマ丸くはなりませんが、薄い楕円のような搾り出し口はバラの花のような形にクリームを搾り出すのに向いています。

デコレーションケーキやカップケーキの上のクリームデコレーションをする場合にはおすすめです。

マヨネーズやお好み焼きソースの空き容器

使い終わった調味料の容器を洗って乾かせば、即席のクリーム絞り袋の代用に使えちゃいます。

もともと液体を出すように作られているので、容器に固さもあり上手く搾り出すことができます。

口金のようにギザギザの形ではないので、オシャレなクリームデコレーションは難しいかもしれませんが、工夫によっては可愛らしく仕上げることができます。

クリームだけでなく、クッキーをデコレーションするアイシングなどにも利用できます。

まとめ

今回は絞り袋が使えないときの代用について紹介しました。

「ケーキも焼けてあとはクリームのデコレーションだけ!」

というときになって絞り袋がない!ってなると、けっこうショッキングですよね。

そんなときには、家にあるものでお手軽にできる代用品をさがしてみましょう。

今回紹介した代用品はそれぞれに固さや大きさが違うので、いろいろと試してみて一番使えそうなものを使うのが良いですよ。^^

クリームというとケーキのイメージがありますが、プリンの上にクリームを乗せたり、ココアの上にクリームをクルリとトッピングする際にも使えるので、覚えておくと便利です。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link