洗濯

水着の洗い方!洗濯機と手洗いはどっちが良い?正しい方法で縮むのを回避!

夏と言えば、やっぱりプールや海ですよね!

友達や家族でおもいっきり泳いで遊んで。
楽しいですよね~。

null

楽しんだ後にまっているのが水着のお手入れ

もちろん、洗うには洗うのですが、海の塩水やプールの塩素をたっぷり吸いこんだ水着ってどうやって洗えばいいのでしょう。

普通に洗った場合に、せっかく買った新しい水着がダメになってしまったら悲しいですよね。

そこで今回は水着の洗い方についてまとめました。

フリルが付いたオシャレ水着などはどうすればよいのかなど、詳しくチェックしていきましょう。

Sponsored Link

洗濯機と手洗いはどっちが良い?

ちょっと記事が特殊な水着って洗濯機で洗っていいのか手洗いが良いのか判断にまようところですよね。

そんな場合、まずは水着の洗濯表示を見てみましょう。

洗濯機マークにバツがしてあったり、手洗いと書いてある場合は洗濯機は使えません。

水着は洗濯機で他のものと一緒に洗ってしまうと絡んで伸びてしまう可能性が高いので、多くの水着は洗濯NGの表示が付いていることが多いです。

null

どうしても洗濯機で洗いたい場合は裏返しにして、しっかりネットに入れてから洗うようにしましょう。(あまりおすすめしませんが…。)

また、色移りなども心配なので白いタオルや色が付きそうなシャツには気を付けて下さいね。

Sponsored Link

洗濯前に気を付けたいポイント!

通常、海やプールから上がったら水着を脱いでビニール袋などに入れますよね。

しかし塩素などが付いたままビニール袋に入れてしまうと中でムレてしまい生地が変色したり、傷んだり、縮んだりする原因になります。

そのため、水着を脱いだら真水でざっと塩素や塩水を流しておきましょう。

ざっとバスタオルで拭いて持ち替えるだけで生地の痛みを防ぐことができます。

この小さな工夫が意外に大切です。
(^^)h

Sponsored Link

手洗いでの水着の洗い方

では手洗いで水着を洗濯する場合の手順を紹介していきましょう。

水着の洗い方(手洗い編)

1.

まずタライや洗面器に30度くらいのぬるま湯を注ぎます。水だと汚れが落ちにくく、熱すぎると生地が傷むのでぬるま湯がベストですよ。

2.

その中に水着を入れて優しくもみ洗いしていきましょう。

3.

ここで洗剤を入れます。刺激の少ないものを使いたいのでオシャレ着用の中性洗剤がおすすめです。

4.

再び優しくもみ洗いをしてからすすぎます。

5.

ここで水気を切りますが、ギュッと力いっぱい絞ってしまうと型崩れの原因になるのでざっと水気を切ったらバスタオルなどで包んで脱水しましょう。

6.

そのまま日当たりのいい場所に干せば洗濯完了です。



水着を洗う際は洗剤を入れない派の人も多いようですが、水着は皮膚に直接触れるので皮脂や汗も吸い込んでいます。

それに、日焼け止めなども付着している場合が多いので少量でも加えた方が良いです。

洗濯機での水着の洗い方

では洗濯機で洗う場合の手順を紹介していきましょう。

水着の洗い方(洗濯機編)

1.

まず水着をひっくり返して内生地を外側にします。

2.

そのまま水着を小さくたたみ、ネットに入れます。

3.

洗濯機のコースに「手洗いコース」とある場合はそのボタンを押します。

4.

水着を入れてから、オシャレ着用の中性洗剤を入れます。

5.

洗濯が終了したらネットから取り出して日当たりのいい場所に干しましょう。



ネットに入れておけばほかの洗濯物と絡まる心配はありませんが、やはり洗濯する際に他の衣服とぶつかるので、できれば他の洗濯物は減らしておきましょう。

まとめ

今回は水着の洗濯方法について紹介しました。

水着は普段洗濯し慣れないので戸惑ってしまいそうですが、手順さえしっかり覚えておけば大丈夫です。

水着を洗う際の洗剤は中性洗剤がおすすめです。弱アルカリ性洗剤でデリケートなものを洗ってしまうと縮んだりゴワゴワになる可能性が高いです。

それに、酸素系洗剤は色落ちが心配なので洗剤選びには気を付けるようにしましょう!

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link

おすすめ記事