掃除・収納

ガラス窓の掃除方法!新聞紙や重曹を使ってピカピカに!

ガラス窓

遠目には綺麗に見えても、近づくと結構汚れているものです。

ホコリが付着しますし、垢が付いたりして白く跡になってしまうことも多いです。

なので、なるべくこまめに掃除したいところではありますが、ついついおっくうで後回しになりがち・・・。
(^^;

何か、簡単にガラス窓をピカピカにする方法はないものでしょうか。

null

昔、学校の掃除では雑巾を水で絞ってガラス窓を拭いていましたよね。

あれってはたして正しい掃除方法なのでしょうか。

効果的な掃除方法や便利な道具などがあったら知っておきたいところ!

ということで今回はガラス窓の掃除方法についてまとめました。

ちょっと変わったアイテム、新聞紙や必殺技の重曹を使った掃除方法も紹介していくので、

「窓の汚れがなかなか取れない・・・」

という場合はぜひチェックしてみて下さいね!

Sponsored Link

掃除道具を用意しよう

ではまずはガラス窓掃除に必要な道具や、便利な道具を紹介していきましょう。

null
新聞紙

意外かもしれませんが、新聞紙に含まれているインク油というのは窓ガラスの汚れを落とすのに効果的です。

拭き掃除に使えるのであると便利です!

重曹

重曹のアルカリ性は手垢やヤニなどの酸性の汚れを落とすのに有効なので用意しておきましょう。

歯ブラシ

窓ガラスの汚れを落とすと、汚れが垂れてサッシ部分に付いてしまうこともありますよね。

歯ブラシはサッシ部分の掃除や、窓ガラスの隅の汚れを落とすのに最適なのであると便利です。

雑巾

洗剤や重曹を付けて拭くこともできますし、乾いた雑巾は空拭きにも使えます。

100均で3枚入りなどが売っているので数枚あると便利に使えます。

Sponsored Link

新聞紙を使う方法(新聞紙編)

では実際に新聞紙を使った窓ガラス掃除を紹介していきましょう。

ガラス窓の掃除方法

1.

まず新聞紙とぬるま湯を用意し、新聞紙を丸めておきます。

2.

丸めた新聞紙の表面に少しだけぬるま湯を付けて湿らせます。

3.

湿らせた新聞紙でしっかりと窓ガラスの表面をこすってい拭いていきます。ここで汚れを落とすので結構力を入れても大丈夫です。

4.

上から拭いていき、汚れがひどい場合は途中で新聞紙を取り替えましょう。

5.

全体を拭き終わったら、今度は乾いた新聞紙を丸めて再び窓ガラスを拭きましょう。

6.

湿らせていない新聞紙は固いのであまり強くこすり過ぎないように気を付けて下さいね。

7.

全体を拭き終えたら終了です。空拭きすることでインク油と反応して艶が出るのでおすすめです。


こちらの動画も参考になりますので、よろしければチェックしてみてくださいね。^^

Sponsored Link

重曹を使う方法

では次に重曹を使った窓ガラス掃除を紹介していきましょう。

新聞紙を使う方法(重曹編)

1.

まず、重曹大さじ1、ぬるま湯、スプレー容器、雑巾を用意しましょう。

2.

重曹をぬるま湯で溶いていきます。重曹には研磨効果があるので粉のままだとガラスを傷付けてしまいます。ちゃんと溶かすようにしましょう。

3.

重曹水を作ったらスプレー容器に入れて窓に吹きかけます。

4.

吹きかけた部分をサッと雑巾で拭きましょう。

5.

全体を拭き終えたら、今度は乾いた雑巾で重曹をしっかりと拭き取ります。

6.

重曹を拭き終わったら掃除終了です。



重曹は手垢やヤニを落とすのに効果的ですが、そのままにしておくと白い跡になって浮かび上がってしまいます。

全体の汚れを落としたら雑巾でしっかり空拭きしましょう。

まとめ

今回はガラス窓の掃除方法について紹介しました。

ガラス窓は水拭きしたままだと水垢が付いてしまったり、拭き跡が残ってしまうことも多いです。

跡を残さないポイントは「空拭き」です!

乾いた新聞紙や乾いた雑巾で最後に空拭きすることで、跡を残すことなくピカピカに仕上げることができます。

ぜひ試してみてくださいね。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link

おすすめ記事