キッチン用品

フライパンのテフロン加工は復活できる!?健康への害は大丈夫?

最近ではテフロン加工のフライパンが流行っていますよね。

食材がくっつきにくいとか、焦げ付くにくいなどいろいろなメリットがあるので、使っている方も多いのではないでしょうか。

null

しかし長く使っているとテフロン加工が剥げてしまうことっありますよね。
そして剥げてしまうと一気に焦げ付きやすくなります。

テフロン加工のフライパンというのは剥げてしまうともう復活できないのでしょうか。
また、テフロン加工というのは普通のフライパンとは違い、身体にがあったりするのでしょうか。

ということで今回は、テフロン加工のフライパンについてのいろいろな情報をまとめました。
身体への害や、復活させる方法などを紹介します。

Sponsored Link

テフロン加工について

テフロン加工という言葉はよく聞きますが、実際にどういうものなのか正確に知っている人は少ないのではないでしょうか。

実はテフロン加工というのはデュポン社の商標登録であり、他社が使う場合は「フッ素樹脂加工」や「フッ素樹脂塗装」と書かれている場合が多くなります。

テフロン加工の別名

  • フッ素樹脂加工
  • フッ素樹脂塗装


  • 見たことある方も多いのではないでしょうか。

    テフロンコーティングしてあるフライパンというのは非粘着性に優れています。
    なので、食材がフライパン表面にくっつきにくく、スルスルとよく滑るという特徴があります。

    また、耐久性があるので丈夫ですし、耐熱や耐寒性にも優れているので温度の変化にも強いのです。

    Sponsored Link

    テフロン加工の健康への害

    テフロン加工のフライパンは身体に害がある・・・。
    なんとなくそんな話を聞いたことはありませんか?

    これって実際のところはどうなのでしょうか。

    テフロン加工に使われているフッ素というものは金属にくっつきにくい性質があるのですが、フライパンにコーティングする際にはどうしてもくっつけなくていけませんよね。

    そこで接着剤代わりに使われているのがPFOA(パーフルオロオクタン酸)と呼ばれるものなんです。

    このPFOAというのは主に界面活性剤として用いられているのですが、アメリカ環境保護庁の報告によると、PFOAは発がん性である可能性が高いといわれています。

    さらに妊娠中の女性が摂取すると胎児にも悪影響を及ぼすという研究結果もあるのです。

    特に高温の火にかけるのが良くないといわれていて、表面温度が240℃になると有害ガスが出てきます。
    さらに360℃に達すると空気中に有害物質が拡散してしまうのでとても危険なのです。

    「いやいや中華料理店じゃあるまいし、自宅でそんな高温になるわけないでしょ」

    と思うかもしれませんが、この温度というのは表面温度のことなので、自宅のコンロでも意外と達してしまうので高温で長時間調理する場合には注意が必要です。

    フライパンを使う前によくやる「空焼き」などもしないようにしましょう。

    こんなに危険な物質ならテフロン加工のフライパンは使わない方が良いのでしょうか。

    実はすべてのテフロン加工のフライパンが有害なわけではなく、PFOAを使っていないテフロン加工のフライパンもあります。

    また、PFOAフリーのフライパンもあり、そういった商品は環境にも良いのでおすすめです。

    Sponsored Link

    テフロン加工を復活させる方法

    テフロン加工がくっつきにくく焦げ付かないというのは分かりましたが、そして、安全なテフロン加工もあることも分かりました。

    では次に一度剥げてしまったテフロン加工のフライパンについて。

    一回剥げてしまうと、毎回洗う時に面倒でしょうがないですよね。
    これってもうもう使えないのでしょうか。

    いえいえ。
    実はそんなこともありません。

    ということで今回はテフロン加工を復活させる方法を紹介していきましょう。

    null
    水を入れて沸騰させる

    テフロン加工のフライパンの半分くらいに水を入れて沸騰させます。
    沸騰させることで普通に擦るよりも汚れが落ちやすくなり、表面がなめらかになるので非粘着性が復活します。

    しかし、この方法が上手くいくかどうかというのはフライパンの種類や性質によって差があり、ものによっては復活しない場合もあるので注意が必要です。

    フッ素加工の再コーティング

    どうしても元に戻らない場合はフッ素加工の再コーティングをしましょう。

    ・・・といっても自宅では無理ですよね。

    実は専門の業者に頼めば、コーティングをし直してくれます。
    持っていくのが面倒という場合は運送して修理を頼むこともできます。

    お値段は大きさや種類によってさまざまですが、だいたいは1500円~3000円以内で受け付けています。

    意外とリーズナブルですよね♪

    洗い方やテフロン加工が剥がれない使い方

    では今度はテフロン加工が剥がれないための使い方や、使い終わった後の洗い方などを紹介していきましょう。

    テフロン加工のフライパンはあまり高温調理には適していません。

    高温に熱してしまうと加工が剥がれやすくなってしまうので、火柱があがるような高温調理をする場合には使わないようにしましょう。


    また、いくら表面がコーティングしてあるからといって金属のヘラなどでガリガリこすってしまうと細かいキズができてしまい剥げやすくなります。

    ヘラを使う場合はシリコン製のものや木製のものを使うのがおすすめです。

    まとめ

    今回はテフロン加工のフライパンについて紹介しました。

    テフロン加工とフッ素加工というのは同じものであり、接着剤として使われているPFOAが身体に有害なようですね。
    高温調理には気を付けたいものです。

    とはいえやっぱり焦げ付きにくく、少ない油でも調理できるテフロン加工のフライパンは使い勝手がいいですよね~♪

    目玉焼きや玉子焼きも張り付くことなくスルスル滑るので楽チンです。

    有害物質が気になるという場合は、PFOAフリーのフライパンを探すようにしましょう。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link

    おすすめ記事