キッチン用品

シンク下の引き出しにゴミ箱ってアリ?風水的にはどうなの?

シンク下のスペース。
何に利用するかというのは人それぞれですよね。

シンク下は割と広めのスペースになっているので、鍋やフライパンなど大きめの調理器具を入れている人や、醤油やみりんなどの調味料のボトルを入れている人は多いです。

null

しかし!

意外と多いのがシンク下にゴミ箱を入れるというパターン。

シンク下の扉は周りから見えないのでスッキリ収納には良いですが

そんな風通しの悪いとこにゴミ箱置いても良いの?

と心配に思ってしまいますよね。

シンク下の引き出しにゴミ箱設置ってアリなのでしょうか。

ということで今回はシンク下のゴミ箱を置く場合のメリット・デメリットをまとめました。

ついでに風水的な観点からもチェックしてみましょう♪

Sponsored Link

シンク下にゴミ箱

シンク下にゴミ箱を置くとどんなメリット・デメリットがあるのかをみていきましょう。

メリット

シンク下の扉や引き出しにゴミ箱を置き、そのまま閉じてしまえばゴミ箱は外側から見えなくなる。

生ごみなどはあまり人の目に触れたくないものをシンク下に隠してしまえばすっきり収納ができる。

腐ったものを捨てたときなどキッチンに嫌なニオイが充満してしまうことも多いが、シンク下にゴミ箱を入れてしまえばそういった異臭問題も解決できる。


デメリット

生ごみなどは水分を含んでいるので雑菌が繁殖しがちですよね。

そんな生ごみを入れたゴミ箱をシンク下という通気性の悪い場所に入れてしまうとさらに雑菌の繁殖を進めてしまうことになる。

ニオイもきつくなるのでフタ付きのごみ箱が必須となる。

ゴミをサッと捨てたいときにいちいち扉を開いたり引き出しを開けたりしなくてはいけないという面倒が生じる。

手が水や泡で濡れているときなどに、タイムロスが生じるというデメリットがある。



ということで、一長一短ですね~。

置き場所に困るゴミ箱をシンク下に置くことによって、見た目をスッキリできるのは大きなメリットですが、衛生面や臭いが強くなるという点でデメリットもあります。

しかし、子供がまだ小さい場合などは、ごみ箱を勝手に開けて漁ったりするのを回避できるという点では、シンク下のごみ箱設置はさらにメリットが一つ追加されますね。

null

シンク下にゴミ箱を入れる場合、ニオイの漏れにくいフタ付きのものがおすすめです。

また、扉の内側などにゴミ箱をくっ付けることができればゴミも捨てやすいので、取っ手や引っ掛けるところの付いているゴミ箱もおすすめです。

但し、扉の内側にくっつけるタイプは生ごみなどはNGとなりますので、臭い封じのメリットは失われてしまいます。

Sponsored Link

風水的にはどうなの?

ちなみに、シンクの下にゴミ箱というのは風水的にはどうなのでしょうか。

風水においてキッチンというのは重要な意味を持つ場所。

キッチンの風水的に乱れてしまうと健康に害をもたらしたり、人間関係が悪化することも多いそうです。

風水の世界ではゴミ箱というのは陰気の溜まる場所で、あまり調理する場所には近付けない方がいいようです。

しかし目から見えない場所に隠すのは吉とのことなので、シンクの下に入れて収納してしまうというのは良い結果を生むかもしれませんね。

また、フタのないゴミ箱からは捨てたものから発せられる陰気が出てきて広がってしまうので、フタ付きのゴミ箱の方が好ましいです。

ちなみにシンクというのは水の気があるようなので、ゴミ箱のカラーは青系、水色系がおすすめです。

Sponsored Link

まとめ

今回はシンク下にゴミ箱を設置するメリット・デメリットを紹介しました。

シンク下という暗くてジメジメした場所にゴミを集めてしまうと虫が湧きそうで不安ですよね。

そうならないとめにもシンク下にゴミ箱を置く際はしっかりとフタが締まり、ニオイを漏らさないものをチョイスするようにしましょう。

最近ではゴミ箱自体が抗菌のものや、フタ部分にゴムパッキンが付いていて絶対にニオイを漏らさないものなども販売されているのでそういったゴミ箱もおすすめです。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link

おすすめ記事