キッチン用品

揚げ鍋は銅、鉄、ステンレスどれがおすすめ?メリット・デメリットは?

家で天ぷらや唐揚げを作るとき必要な揚げ鍋

null

揚げ鍋を調達しようと思って調べてみると、けっこういろいろな種類がありますよね。

材質でいうとステンレスなどの違いがありますが、それぞれどんな特徴やメリット・メリットがあるのでしょうか。

ということで今回は揚げ鍋の素材の違いにおいて、どのような特徴や使い勝手の違いが出てくるのかについてまとめました。

まずは、銅の揚げ鍋からみていきましょう。

Sponsored Link

銅の揚げ鍋の特徴

の揚げ鍋と聞いてもピンとこないという人が多いのではないでしょうか。

最近ではいろいろな素材の揚げ鍋が増えた影響なのか、自宅で銅の鍋を使っている方は少なくなってきました。

しかし、実は銅の鍋はプロの料理人の中でも人気で、調理する上でのメリットもたくさんあるのです。

まず一つには熱伝導率が高いというメリットがあります。

比較的、熱伝導率が高いといわれているアルミや鉄よりも熱の通りが良く、また均等に熱が渡るのでムラにならないという特徴があります。

そして抗菌・殺菌効果があり、お手入れをちゃんとすれば長年使い続けられるのも大きなメリットですね。

すぐに熱が伝わるので炒め調理や揚げ調理には適しているので、銅の揚げ鍋というのは理にかなっているのです。

一方で、銅の揚げ鍋は酸や塩分に弱く、お手入れを怠るとすぐに変色してしまうというデメリットがあります。

また、錆びやすいので定期的なお手入れは必要不可欠。

そして銅の揚げ鍋は他の揚げ鍋に比べて価格が高いという特徴もあります。

まあ、お手入れさえ怠らなければ長く使えるので損ではありませんが、あまり初心者向きではないかもしれませんね。

Sponsored Link

鉄の揚げ鍋の特徴

次にの揚げ鍋の特徴をみていきましょう。

オーソドックスな素材なので、鉄を材料にしている揚げ鍋を使っている人は多いのではないでしょうか。

天ぷら屋さんや居酒屋でも鉄の揚げ鍋はよく見かけますよね。

鉄というのは中華鍋などにも使われている材質で、火力に対して強いという特徴があります。

そのため、高熱で一気に揚げるような料理にも適していますし、とても丈夫なので変形しにくいというメリットがあります。

価格もそこまで効果ではありませんし、比較的手に入りやすい揚げ鍋の一つです。
そして材質上、鉄分が補給できるというのも鉄素材ならではのポイントですね。

一方で、重くて扱いづらいというデメリットもあります。

特に揚げ鍋の場合は中にたっぷりの油が入るので重さもグッと増し、素人が扱うのは危険という声もあります。

また、鉄という性質上、赤錆が発生しやすいという特徴があります。赤錆は鉄を腐蝕させてしまい、ボロボロにしてしまうのでこまめなお手入れが必要になります。

Sponsored Link

ステンレスの揚げ鍋の特徴

最後にステンレス製の揚げ鍋の特徴についてみてみましょう。

ステンレスの鍋などは学校給食などでよく使われていますよね。使ったことがある方も多いのではないでしょうか。

null

ステンレスは保温性に優れていて、錆びにくく衛生的というメリットがあります。そのため学校給食の鍋や容器に多く使われているんですね。

また耐久性も高いので丈夫です。価格も安価なので手に入りやすいという特徴もあります。



その一方、熱伝導率が低く温まりにくいという性質があります。熱がなかなか伝わらないので光熱費的にはマイナスでですね。

また、油の馴染みが悪いという点もあり、火の通りにムラが出るので揚げ物や炒め物には向かないという側面もあります。

おすすめなのは?

銅や鉄、ステンレスなどたくさんの材質を比較してみましたが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

単純に揚げ物と考えた場合は熱伝導率が高い銅や、火力に強い鉄などがおすすめですが、最近では材質のデメリットをカバーするためのいろいろな工夫がなされた揚げ鍋も販売されているので、一概にどれが一番おすすめとはいえません。

鉄製でもできるかぎり軽量化して扱いやすく設計された揚げ鍋もあれば、二重、三重構造にして、火の通りを改良したステンレス製の揚げ鍋もあります。

それぞれの材質の特徴を理解して自分の料理スタイルに合ったものを選びたいですね。

まとめ

今回はおすすめの揚げ鍋や、材質の違いによるメリット・デメリットについてまとめてみました。

熱伝導率や耐久性、重さや価格など、いろいろな違いがありました。

「揚げ鍋なんてどれも同じじゃないの?」

と思いきや、目から鱗ですよね。

プロに人気なのは銅の鍋ですが、お手入れは本当に大変なので、一般家庭で使う場合には鉄やステンレスの方がおすすめです。

素早く使いたいのであれば
長く使いたいのであればステンレスがおすすめですよ。^^

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link

おすすめ記事