掃除・収納

シンクの水垢の落とし方!掃除してもとれない時にはコレ!

毎日キッチンで洗い物などをする、シンク

いくらキレイに使おうと気を遣っていてもいつの間にか汚れてしまいますよね~。

そして、シンクの表面に白っぽい痕が残ってしまうことあります。

こすってもこすっても落ちないですよね。
(^^;

実はこれって水垢なんです。

null

シンクに水滴がついてそのままにしておくと水垢がこびりついてしまいます。
そして乾くとなかなか取れないんです。。。

どうやったらキレイなシンクに戻るのでしょうか。
なにかおすすめの掃除道具などはないものでしょうか。

ということで今回は、シンクの水垢落としの方法についてまとめてみました。

なかなか取れない頑固な水垢に有効な掃除方法を紹介します。

Sponsored Link

そもそも水垢ってなに?

そもそも水垢というのは何なのでしょうか。

キッチンシンクだけでなくお風呂場の浴槽や鏡などにもあらわれますよね。

実は水垢というのは水中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどの金属イオンが水分の蒸発に伴い残って痕になってしまったものなのです。
(^-^)h

そのためカルシウムやマグネシウムを多く含む硬水だと軟水に比べて水垢が残りやすいということになります。

水道水は場所によって硬水のところもあるので、

掃除してもすぐに水垢になってしまう

という場合は家の水道が硬水なのかもしれません。

すぐに水垢がついてもう嫌!

という場合は浄水器などを取り付けるとかなり緩和しますよ!
(。・∀・)ノ

Sponsored Link

水垢を落とすのにおすすめの方法

さて、では次にこの水垢を落とす方法についてみていきましょう。

お酢

お酢というのは酸性なのでアルカリ性の水垢を分解して落とすことができます。

そのままのお酢だと濃すぎるので水で薄めて使いましょう。

クレンザー

クレンザーは強力なので水垢を落とすのに向いています。

しかし粗めのクレンザーだとシンクが傷付けてしまうのでクリームクレンザーを使うのがおすすめです。

柔らかいスポンジにクリームクレンザーを付けて優しくこすりましょう。

重曹

重曹はそのまま振りかけてもいいですし、水に溶かしてスプレーで吹きかけることもできますが、重曹ペーストを作るのが効果的です。

重曹に少しずつ水を加えて混ぜていきます。

ペースト状になったら水垢が気になるところに塗ります。
そのまま30分くらい置き、布で拭き取りましょう。

null
レモン

レモンにはクエン酸が含まれているので、水垢のアルカリ性を分解して流してくれる効果があります。

レモン汁を絞って水に薄めてスプレーで振りかけましょう。
少し経ってからスポンジでこすると水垢が落ちてくれます。

激落ちくん

激落ちくんというのは水に濡らしてこするだけで汚れが落ちる洗剤いらずのスポンジです。

薬局などで入手することができます。

水に付けてから水垢の気になる場所をこすると消しゴムのようにカスがぽろぽろと出て汚れが簡単に落ちます。

なぜこうも簡単に落ちるのかというと、激落ちくんはメラミン樹脂をミクロン単位で発泡させた特殊なスポンジを採用しているので細かい汚れをすべてからめとることができるですね~。
(^-^)h

フッ素コーティング

実はリフォームなどの業者に頼むとシンクをフッ素コーティングしてくれるところもあります。

コーティングすることで汚れが付きにくくなるので水垢が残りにくいですし、もし水垢が付いても掃除がしやすくなるメリットがあります。

Sponsored Link

まとめ

今回はシンクの水垢落としについて紹介しました。

水垢というのは水の中にあるカルシウムやマグネシウムが原因なので、カビやサビなどとは違って予防がなかなか難しいです。

クレンザーが一番ポピュラーですが、小さな子供やペットがいるのであまり有害なものを使いたくないという場合は、無害な重曹やレモン汁がおすすめです。

激落ちくんは大体200円~400円くらいで販売されているので薬局などで見かけた場合はぜひ試してみてくださいね。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

おすすめ記事