家で作る天ぷらっておいしいですよね!

揚げたてアツアツが食べられますし、
好きな具材を好きなだけ揚げることができます。

それに揚げ物はお店で食べるより家で作った方が
リーズナブルというメリットもありますね♪

null

ところで天ぷらを揚げるのに必要な天ぷら鍋
これっていったいどんなものを使うのがベストなのでしょうか。

調理器具売り場にはホーロー製ステンレス製の天ぷら鍋が売っていますよね。
買い替えの時などに、よりおすすめなのはどちらなのでしょうか。

ということで今回は、天ぷら鍋の材質についてまとめてみました。
それぞれの天ぷら鍋のメリットやデメリットをみていきましょう。

Sponsored Link

天ぷら鍋について

天ぷら鍋として販売されているものは比較的に深めで熱に強いものが多いです。

天ぷらは揚げている途中で温度が下がってしまうとカラッとおいしく揚げらずに、ベタッとした食感になってしまいます。

そのため温度が下がらないある程度の深みが必要なんですね。

材質はメーカーやブランドによって異なり、

  • ホーロー製
  • ステンレス製
  • 銅製
  • 鉄製
  • 鋳物


  • などさまざまです。

    揚げ物ができればいいので特定の材質でなければいけないということはありませんが、熱伝導率が高いものや高熱に強く頑丈で変形しにくいものが向いているとされています。

    他にも天ぷら鍋として販売されている鍋は、揚げあがったものを乗せて置ける網が付いていたり、油ポットが付属されているものなどがあります。

    天ぷら専門店などは温度が下がらず大量の揚げ物が作れる大きい天ぷら鍋を使っていることが多いですが、自宅であればそこまで巨大な鍋である必要はありません。

    ここでは、自宅で使う用の天ぷら鍋の種類として候補に挙がる「ホーロー鍋」と「ステンレス鍋」のどちらがよいのかに着目して、この2つの違いを見ていきましょう。

    Sponsored Link

    ホーロー鍋

    ホーロー鍋というのは鉄やアルミニウムなどの金属でできた鍋の表面にガラス質の薬を塗り、高温で焼き付けて作った鍋のこと。

    密閉率が高く熱が逃げにくく焦げ付きにくいという特徴があります。
    熱を長く保つことができるので煮物を作るときなど向いています。

    しかし、急激な温度変化や衝撃に弱いというデメリットがあります。

    また鍋自体が重いホーロー鍋が多いので中にたっぷりと揚げ油などを入れると重くなってしまうというのも難点です。

    Sponsored Link

    ステンレス鍋

    ステンレス鍋というのは合金を伸ばして作った金属製鍋のこと。
    軽くて使いやすく、錆びにくく衝撃に強いというメリットがあります。

    また、保温性が高いので鍋の中身が冷めにくく、汁物などを入れるには良いでしょう。

    null

    しかし、ステンレス鍋は熱伝導率が悪いというデメリットがあります。
    また、焦げ付きやすいので油断していると鍋底が焦げ付いてしまうことも多いです。

    熱伝導率が悪いと鍋の中の温度が安定しないので、揚げ物の場合はカラッと上手に揚がらないことも多いです。

    どっちがおすすめ

    ホーロー鍋とステンレス鍋はどちらが天ぷら鍋としておすすめなのでしょうか。
    実際に使っている方の口コミや評判を見ていきましょう。

    ホーロー鍋派
    「ホーロー鍋は熱伝導率が良く、どんどん揚げ物タネを入れても全然温度が下がらないのでカラッと揚がります」

    「ホーロー鍋はフタが付いているので唐揚げなどを揚げる場合でも油はねを気にしなくても大丈夫です」


    ステンレス鍋派
    「ステンレスの鍋は軽いのでたっぷりの油を入れることができます。たっぷりの油で大きなものを揚げたいときにはおすすめです」



    口コミを調べた結果、ホーロー鍋の方が揚げ鍋として優秀なようですね。

    ステンレス鍋は軽いので確かに持ち上げる際は楽ですが、保温力や熱伝導率を考えるとあまり揚げ物には向きません。

    また、ステンレス鍋というのは油を劣化しやすくする金属としても有名なので、油を劣化させたくないという方はステンレス鍋は避けるようにしましょう。

    おすすめの天ぷら鍋はコレだ!

    天ぷら鍋として重要なのは油の温度を下げない性質と、火力への耐久性です。
    それを考慮すると一番天ぷら鍋の材質として向いているのは銅鍋です。

    銅鍋は熱伝導率が良く、熱をため込む力も強いのでカリッと食感の良い天ぷらを作ることができますよ。

    実際におすすめの売れ筋揚げ鍋を紹介していきましょう。

    シルバーアロー 銅 揚鍋27cm AAG08027
    サイズ:27cm
    深さ:6.5cm
    容量:2.0L
    重量:1.7kg
    参考価格:9,500円

    熱伝導率が良いのはもちろん、たっぷり2L入る大容量なので大家族でも満足できる大量の揚げ物を作ることができます。銅の揚げ鍋は油の劣化が少ないのでたくさんの油を使っても安心ですよ。

    画像クリックで楽天にリンクします。

    まとめ

    今回は天ぷら鍋の材質について紹介しました。

    ホーロー鍋とステンレス鍋はそれぞれにメリットとデメリットがあるようですが、揚げ鍋と考えた場合はホーロー鍋の方が合っているようです。

    ただ、口コミをみると、軍配が上がったのは、ホーローでもステンレスでもなく、銅鍋でした。
    (^^;

    もちろんそれぞれにメリット、デメリットはありますので、ぜひご自身にあった揚げ鍋をゲットしてくださいね。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link