キッチン用品

マフィン型のおすすめ商品!材質や大きさ・サイズはどれがいい?

手軽に食べれる人気のお菓子で、おやつにも朝食にもぴったりな、

マフィン

チョコチップやジャムを一層おいしいですよね♪

自宅で簡単に作ることができるので、初心者の菓子作りにぴったりです。

null

ところで。

マフィンを作る場合はマフィン型が必要になりますよね。
これって商品によって材質サイズが違ってきます。

家でつくろうとしたときに、どんなマフィン型を買ったらいいのか。
ちょっと迷ってしまうことってありますよね。

初心者でも作りやすいおすすめのマフィン型にはどのようなものがあるのでしょうか。

と、いうことで!

今回は、マフィン型のおすすめ商品についてまとめました。

これからマフィンを自宅で作ってみようという場合は
ぜひ参考にしてみてください。^^

Sponsored Link

パール金属 マフィン型 プレート 6個取り ハイクリーンコート EEスイーツ

オーブンで一度に6個のマフィンが焼けるオーブン専用のマフィン型です。

鉄製ですがシリコン樹脂加工されているのでマフィン生地が張り付くことなく、
簡単にするりと剥がすことができます。

汚れもこびり付かないので洗いやすくて衛生的というメリットもあります。

大きすぎず。
小さすぎず。

丁度良い大きさのマフィン型で意外としっかりした造りなので、
1,000円以下というこのお値段はお買い得です。

マフィン型としてはもちろんですが、他にも焼きドーナツ
フォンダンショコラの焼き型としても使うことができます。

ただ、マフィン型のつなぎ目に生地が流れ込んでしまうと洗いにくいので、洗うときに手間をかけたくないという場合は、中にクッキングシートなどを入れておくようにしましょう。

サイズ:幅26.8×奥行18.3×高さ3.2cm
製品重量:210g
材質:鉄(シリコーン樹脂塗装)
参考価格:954円


WILTON ミニマフィンパン

一度にマフィンを12個焼くことができるスチール製のマフィン型です。

型の表面にはノンスリックというこびり付かないための加工がしてあるので、
生地がくっ付くことがなく簡単に剥がれ、洗うときにも便利です。

直径5cm×高さ2cmのマフィアが焼けるので、ちょっとしたプレゼント用の
ミニマフィンを焼くのに向いています。

スチール製なので丈夫で歪みにくいという特徴があります。
さらに焦げにくいのでお菓子作り初心者という場合でもおすすめです。

子供でもぺろっと食べられる小さなマフィンが作れるので、
子供の誕生日会やパーティーでも活躍してくれます。

サイズ:28×19.7×2.3cm
本体重量:303g
材質:スチール
原産国:中国
参考価格:1,303円


パール金属 スイートクロスハート2 シリコーン マフィン ケーキ 焼型 プレート 6ケ取り

一度にマフィンを6個焼くことができるシリコン製のマフィン型です。

割れる心配がなく形がすぐに元に戻るシリコンの型なので、
歪んだり凹んだりすることがありません。

オーブンだけでなく電子レンジや冷蔵庫にも対応しているので、マフィン以外の

  • 蒸しパン
  • プリン
  • ババロア
  • ゼリー
  • などを作る時にも活躍します。

    表面がツルツルしているのでマフィン生地がこびり付くことがなく、
    洗うときにも便利なので780円という安さはコスパが良いといえます。

    ただ、シリコン製なので鉄やスチールに比べたら柔らかく、
    生地を入れて運ぶ際にふにゃふにゃして運びにくいと感じることもあります。

    サイズ:幅27×奥行18.5×高さ3.5cm
    本体重量:150g
    材質:シリコンゴム(耐熱温度200度)
    原産国:中国
    カラー:ピンク
    参考価格:780円


    まとめ

    今回はおすすめのマフィン型を紹介しました。

    焼き菓子の型というと金属のイメージが強いですが、
    最近では焦げ付きにくいシリコン製のものが多いです。

    null

    鉄製の型は材質がしっかりしていますが重量があり、
    シリコン製は軽量ですがふにゃふにゃ感が目立ちます。

    「どちらも使いにくいかも?」

    という人は重すぎず軽すぎないスチール製がおすすめです。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link

    おすすめ記事