縦書きの封筒の場合は切手を貼る位置が書いてあることが多いです。

が、横書きの封筒ってどこに切手を貼ったらいいのでしょうか。
正式にはどっちに貼ればいいのでしょう。

null

また、切手の値段によっては2枚など複数枚の切手を貼るという状況もあります。

複数枚貼る場合はどのような貼り方が正しいのでしょうか。
招待状を送る場合には切手の貼り方はどうすればよいのでしょうか。

と、いうことで!

今回は、横書きの封筒の切手の貼り方をまとめました。

社会人になると季節の挨拶や招待状を送る機会も増えてくるので、
しっかりと覚えておきましょう!

Sponsored Link

横書き封筒の切手を貼る位置

横書き封筒の切手を貼る位置は右上です。

左上じゃないの?

という多いですが、縦長の縦書き封筒の切手位置が左上なので、
これをごちゃごちゃに覚えてしまっている場合が多いです。

私もつい最近まで左上に貼ってしまっていました。
(^^;

そもそも切手を貼る位置が決まっているのは機械に入れて消印を押すためです。

機械の規定で

  • 縦書き封筒は左上に消印
  • 横書き封筒は右上に消印


  • と決まっているので変な位置に切手を貼ってしまうと機械で印を押すことができず、
    わざわざ手作業で消印を押す作業をしなければいけません。

    そのためきちんと決められた位置に切手を貼ることが推奨されています。

    切手を2枚貼る場合はどうする?

    半端な金額の切手が余っていて、使いきるために切手を複数貼る
    そんなことってたまにありますよね。
    (^^;

    その場合はどうやって貼るのが正しいのでしょうか。

    縦書き、横書きでそれぞれチェックしていきましょう!

    縦書き封筒の場合

    縦書き封筒の場合は左上に切手を貼ります。

    左端から3.5cm以内に貼り、
    2枚の場合は貼った切手の下にもう一枚貼ります。

    縦に2枚揃えて貼る際、縦のサイズは7cm以内にしましょう。

    横3.5cm×縦7cm以内のスペースに貼れば消印を押す機械の範囲内に入るので、
    手作業で消印を押し直す手間がありません。

    横書き封筒の場合

    横書きの封筒の場合は右上に切手を貼ります。

    右端から7cm、上から3.5cmのスペースに貼れば消印の範囲内なので、
    2枚貼る場合は横に並べて7cmからはみ出さないようにしましょう。

    Sponsored Link

    招待状の場合は?

    結婚式やパーティなどの招待状を出す際は封筒の中に返信用の葉書を入れます。

    ついつい忘れてしまいがちですが、
    返信用葉書には必ず切手を貼っておきましょう。

    こちらが招待する側なので返信用の切手代はこちらが持つのが通常です。

    もしも近々会う相手に

    招待状送ってくれたら手渡しで返すよ

    と言われたとしても礼儀として切手は貼りましょう。

    また、招待状を送る際には普通の切手ではなく、
    慶事用の切手を貼るのが一般的です。

    友人や気やすい相手であれば慶事用ではない相手が好む絵柄や、
    可愛いキャラクターの切手を貼る場合もあります。

    しかし、会社の上司や目上の人に対して贈る際は慶事用を使いましょう。

    間違えてしまった場合の対処法

    縦書き封筒と横書きの封筒では切手を貼る位置が違うので

    貼る位置間違えた!

    ということも多いです。

    間違えて貼ってしまった場合はどういった対処方法を取れば良いでしょうか。

    ここでは、うまいこと間違えて貼った切ってを貼りなおす方法を紹介します。

    シール剥がし

    一番ポピュラーな対処方法がシール剥がしです。

    切手を貼ったばかりであればそっと指で剥がすことができますが、
    時間が経ってしまうとべったり紙にくっ付いて無理に剥がすと紙が破れてしまいます。

    シール剥がしの液体を切手の上に塗って、
    切手全体が湿ったらそっと剥がします。

    消毒用アルコール

    消毒用のアルコールはもしも封筒に付着してしまっても、
    蒸発するので汚れる心配がありません。

    シール剥がし同様に切手の上に塗ってからそっと剥がします。

    蒸発するといってもあまりにたっぷり塗ると、
    封筒自体がしわになってしまうので気を付けましょう。

    ヤカンの蒸気に当てる

    シール剥がしも消毒用アルコールもない場合はヤカンや鍋から立ち昇る
    蒸気に張り付いた切手部分を当てて剥がすという方法があります。

    熱い蒸気に当てることで切手がベロン、
    と剥がれるので封筒自体がふやける前に蒸気から外しましょう。

    Sponsored Link

    まとめ

    今回は横書きの切手の貼り方や、切手を2枚貼る場合の位置について紹介しました。

    縦書きの封筒の場合は切手を貼る位置が枠で囲ってあることも多いのであまり間違える人はいませんが、
    横書きのおしゃれな封筒やキャラクターものの封筒は切手位置が書いていないので間違えてしまうことが多いです。

    横書き封筒は右上、縦書きの封筒は左上としっかり覚えておくようにしましょう。

    また、間違えて貼ってしまった方法は、今回紹介した方法いずれかで、
    一度剥がしてからなんとかできる場合も多いです。

    null

    数十円の切手とは言え、お金もかかってるものですし、
    会社のものであれば会社の資産を自分のミスで失ってしまいます。

    なんとかできそうであれば、身近にあるもので
    貼りなおしてみる努力をしてみましょう。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link