文房具

朱肉の補充のやり方は?補充液を使う時に気を付けること&やってはいけないことも!

社会人になると提出書類や契約書に印鑑を押すケースも多くなります。

会社や企業によっては

「シャチハタは不可!」

ということも多いので、その場合は朱肉の用意が必要になります。

null

しかし、朱肉と言ってもその種類は千差万別で、
練り朱肉スポンジ朱肉という種類があります。

また、朱肉の大きさもいろいろあり、缶に入った大きなものから、
持ち歩きタイプの小さなものまで様々です。

さらに、朱肉は永遠に使えるわけではありません。

もし朱肉が切れてしまった場合はどうやって補充したらいいのでしょう。

そもそも朱肉って補充できるものなのでしょうか?

ということで!

今回は、朱肉の補充方法や補充液を使う際の注意点についてまとめました。

Sponsored Link

朱肉の補充のやり方

「最近ハンコの色が薄いんだけど・・・」

「まだら模様になってしまいキレイに印鑑が押せない!」

そういった場合は朱肉のインクが少なくなっている可能性が高いです。

別売りの補充液で朱肉を補充すれば再び問題なく使えるようになります。

しかし、朱肉には種類があり、
スポンジ朱肉と練り朱肉では補充の仕方が違います。

それぞれどんな方法で補充したらいいのか気になりますよね~。

それでは補充の方法を紹介していきましょう!

スポンジ朱肉の補充

スポンジ朱肉の場合は同じメーカーの補充液を購入します。

補充液の容器を開け、スポンジの上にインクを垂らし、
乾いたスポンジにグリグリと押し付け、全体に塗っていきます。

塗った直後はまた表面にべったり朱肉が付いているので、
しっかりと中まで染み込むまで5、6分待ちましょう。

染み込んだら印鑑を使って紙に試し押しをします。

まだ薄いようであれば再び補充液を垂らして同じ作業をします。

「早く補充したい!」

と焦って、補充インクをドバドバ出してしまいがちですが、
一気に出すのではなく少しずつ染み込ませるのが上手く補充するポイントです。

練り朱肉の補充

スポンジ朱肉と違い、練り朱肉の場合は液体状ではありません。

そのため補充方法が少し複雑です。

まず、練り朱肉の状態を見て、
カチカチに乾燥して固まっている場合は練り直しが必要です。

固まった朱肉を金属のヘラでほぐして下の方と混ぜ合わせます。

ヘラを火で熱して混ぜ合わせ、全体を平らに均したら完成です。

練れないくらいにカラカラに乾燥している場合は、
練り朱肉専用の「朱の油」を追加します。

「練り朱肉の残りが少なくて底が見えてるんだけど・・・」

という場合は練り直しは難しいです。

残量が少ない場合は新しい練り朱肉を購入した方が賢明です。

Sponsored Link

注意点とやってはいけないこと

朱肉を補充する場合、

「色味が似ているから良いよね!」

といって絵の具や他の筆記具の赤インクを混ぜてしまう人がいます。

しかし、専用の補充液以外を使うのは絶対に止めて下さい!

朱肉というのは印鑑を押すための道具であり、
落ちにくく劣化しにくい顔料、油分、樹脂、植物などの成分が含まれています。

そのため、他のインクと混ぜてしまうと、
成分が変わってしまい使えなくなる可能性が高いです。

また、パッケージに「朱肉の補充液」と表記してあっても、
使っている朱肉と違うメーカーのものを補充するのはNGです。

朱肉と同じメーカーの補充液であれば間違いないので、
不安な場合はお店の店員さんに確認しましょう。

また、朱肉のインクというのは机や手に付くと落ちにくいので、
一気にドバっと出してこぼしてしまうと後が面倒です。

こぼさないように気を付けて補充して下さい。

Sponsored Link

普段から気を付けるべきこと

null

朱肉が悪くなる原因としては乾燥異物の混入が考えられます。

特に朱肉のフタを大きく開けたまま何度も印鑑を試したり、
長時間フタを開けたまま外気にさらしてしまうと乾燥してしまいます。

乾燥するとスポンジ朱肉はすぐにカラカラになりますし、
練り朱肉は水分が失われて硬くなってしまうので、
使うとき以外はしっかりフタを閉めるようにしましょう。

また、ほこりやゴミが朱肉に入り込んでしまうとそれも劣化の原因になります。

朱肉にほこりが付着すると、かすれやすくなったり、
表面がボコボコになりキレイに印鑑の形が出なくなります。

フタを開けたままにするとほこりやゴミが入りやすくなるので気を付けて下さい。

まとめ

今回は朱肉の補充の方法について紹介しました!

朱肉にはスポンジ朱肉練り朱肉があります。

印鑑を押したときの艶は練り朱肉の方が良く、
また粘度もあるのでしっかりとした判が押せます。

しかし、補充のことを考えるとスポンジ朱肉の方がお手軽ですし、
練り直す必要もないので初心者にはスポンジ朱肉が向いています。

朱肉の種類や補充方法ついては以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link

おすすめ記事