キッチン用品

鉄のフライパンの手入れ方法!焦げ付きの原因は何?ポイントは油!

鉄のフライパンを持っていると、

料理ができる人!

ってイメージがありますよね。

中華を作る際にも鉄鍋というのは必要不可欠なアイテムです。

・・・でも鉄のフライパンって、
手入れが面倒というデメリットがありますよね。

null

フッ素加工やテフロン加工のフライパンと比べると格段に焦げ付きやすいですし、なんであんなに焦げちゃうんでしょうか。

焦げ付かないポイントや、使い終わった後の手入れのコツなどあるのでしょうか。

ということで今回は、鉄のフライパンの手入れの方法をまとめました。

料理するときの焦げ付かないポイントや、
使い終わった後の洗い方などを紹介していきますね。

Sponsored Link

鉄のフライパンを使う時に最初にやるべきこと

では上手く鉄のフライパンと付き合っていくために、
使う前のポイントをいつくか紹介していきましょう。

空焼き

まず、鉄のフライパンを買ってきたら火にかけて「空焼き」しましょう。

この工程を抜かしてしまっている方が結構いるようなのですが、この空焼きをすると防錆加工を取り除くことができるので火の通りが良くなります。

ただ、ものによっては空焼きしなくてもいい鉄のフライパンも売っているので、空焼きする場合は防錆加工と書いてあるかどうかをチェックして下さいね。

油ならし

そして空焼きが終わったら油を馴染ませる「油ならし」をします。

フライパンに半分くらいの量の油をたっぷり注いて弱火で5分程度加熱します。
これをすることでフライパンに油が馴染むので焦げにくくなります。

油ならしに使った油は捨ててしまってはもったいないので、容器に入れて取っておくようにしましょう。
火を入れてしまったので多少酸化していますが、炒めものなどに使えます。

Sponsored Link

料理で使う時のコツ

鉄のフライパンで野菜やお肉を炒める際にすぐに焦げ付いてしまって、フライパンの底に食材がべったり・・・

なんてこと多いですよね~。

そんな残念なことにならないための料理する際のポイントを見ていきましょう。


まず、野菜やお肉を炒める際はたっぷりとを馴染ませましょう。

中華料理のプロなどはお玉一杯の油をフライパン全体にたっぷり馴染ませたあとに余分な油を取り除くなどしているので、「え?こんなに?」と思うくらい入れてしまって大丈夫です。

この油の馴染ませが足りなくて焦げてしまうことが多いので注意したいポイントですね。



そして火を入れる際の温度にも気を付けましょう。
鉄のフライパンというのは高温調理に向くように作られています。

なので、材料を入れる前のフライパンと油の温度が低すぎると焦げ付きやすくなりますし、美味しく仕上がらない可能性もあります。

しかし、逆に火が強すぎるとフライパンの中心部だけが熱くなってしまうので、急激に火力を上げるのもNGです。

やや強めの中火くらいが理想ですね。

Sponsored Link

使い終わった後の洗い方

料理を作り終えたら次は洗いものですよね。

でも早く料理を食べたいからといって、使ったまま放置していませんか?
使った後そのまま放ってしまうと焦げなどがフライパンにこびりついて取れなくなってしまいます。

せめて水に浸けておくようにしましょう。


また、使い終わった後に洗剤でガシガシと洗ってはいないでしょうか?

実は鉄のフライパンというのは洗い方が少し特殊で、油ならしが剥げてしまうので洗剤を使うべきではないといわれています。

水の中に浸した状態でタワシなどでこすって焦げを取っていきます。

どうしても焦げが取れない!

という場合は水を張ったまま火にかけましょう。
沸騰させれば焦げが取れやすくなります。

しまう時のポイント

錆というのは水が付着している部分から広がっていくものです。

なので、焦げを綺麗に落とし、洗い終わったら布巾などでしっかり水気を取りましょう。
そして風通しのいい場所にかけておくようにしましょう。

キッチン下のスペースなどにしまってもいいですが、湿気のこもりには気をつけて下さいね。

null

鉄のフライパンのメリット

「こんな大変な思いをしてまで鉄のフライパン使わなくてよくない?」

と思う方も多いかもしれませんが、実は鉄のフライパンというのはいろいろなメリットがあります。

まず、鉄のフライパンで調理すれば料理に鉄分が含まれるので鉄分不足を防いでくれます。


また、高温調理ができるので食材の旨味を閉じ込めることができます。

最近流行りのフッ素加工やテフロン加工のフライパンは便利ではありますが、表面の加工が剥げてしまうともう使えなくなってしまいます。

しかし鉄のフライパンであれば表面が剥げるということはないのでちゃんとしたものを購入すれば一生使うこともできます。

まとめ

今回は鉄のフライパンの手入れ方法について紹介しました。

料理を作るときだけでなく、使う前や使い終わった後もいろいろな注意ポイントがあります。

油の量や温度など気を付けなければいけないポイントがいっぱいでややこしいですが、やっぱり中華料理などの高温調理は鉄のフライパンを使うのが一番美味しいんですね。^^

食材の旨味がギュッと中に閉じ込められますし、油の照りも良くなります。


鉄のフライパン。

大切に使ってぜひあなたの手になじむようにしてくださいね!

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link

おすすめ記事