食事

オイスターソースの代わりにウスターソースは使える?

オイスターソース

中華料理では欠かせない調味料ですよね。
(^^ゞ

null

料理中に、

オイスターソースが切れている!

ということに気づいて、他のソースで代用が出来ないか
考えたことがある人は少なくないと思います!

そんな時!

新しいオイスターソースを買いに走るより、
冷蔵庫にあるもので代用ができれば楽ですよね。

一般家庭で常備しているウスターソースは、代用できるのか?

と、いうことで!

今回は、オイスターソースとウスターソースの
代用について、調べてみたいと思います。

オイスターソースが切れて困った時に、
是非参考にしてみてください。^^

Sponsored Link

オイスターソースとは

まずは、オイスターソースとはどんなソースなのでしょうか。

オイスターソースとは、英語の「oyster」(カキ)が意味する通り、
海のミルクとも呼ばれる栄養豊富なカキからできています。

カキの煮汁に砂糖などの調味料を加えたとろみのある濃縮エキスで、
中華料理ではよく使用されます。

旨み成分が強いので、オイスターソースを加えると料理に深いコクが出ます。

ただし!

オイスターソースは、カキに含まれる

トロポミオシン

という成分が体質によってはアレルギーの原因になることもあるため、
アレルギーがある人は注意をしないといけません。

Sponsored Link

ウスターソースとは

では次に、ウスターソースについてみてみましょう。

ウスターソースは、野菜や果物を原材料に
香辛料などを加えて熟成させたソースです。

イギリスのウスターシャー地方を発祥としていています。

null

ウスターソースは「酢」や「香辛料」が含まれているため、
酸味やスパイスによるちょっとした辛みがアクセントになっています。

ウスターソースと似ている

  • 中濃ソース
  • とんかつソース
  • なども、基本的にはウスターソースに分類されています。

    それぞれのソースは、「粘度」によって名称が異なります。

    ウスターソースは中でも粘度が低く、サラサラしているのが特徴です。

    Sponsored Link

    オイスターソースとウスターソースの違い

    カキを原料としている中国発祥のオイスターソースと、
    野菜や果物を原料としているイギリス発祥のウスターソースでは、
    全く違う素材で出来ているため、風味はかなり異なります

    どちらも濃厚なソースで、色々なお料理の隠し味に使えます。

    風味は、オイスターソースの方がやや甘みが強く、
    ウスターソースの方が酸味辛みが強いのが特徴です。

    また、ウスターソースが水のようにサラサラしているのに対し、
    オイスターソースの方が、どろっとした粘度が高い部分も大きな違いです。

    代用はできる?

    結論から言うと、オイスターソースの代わりに
    ウスターソースを使用することは難しいと言えます。

    酸味と辛みが強いウスターソースでは、魚介の風味と甘みの強い
    オイスターソースの役割をカバーすることはできません。

    null

    同じソースであっても、全く風味の異なるソースなので、
    お料理で代用することは困難です。

    ウスターソースの酸味や辛みはかなり強いので、
    オイスターソースの代わりに使うと、
    全くイメージと異なる味になってしまう可能性があるのでお勧めできません。

    味付けに失敗をする可能性がありますので、
    ウスターソースでオイスターソースの代用をするのは止めた方が無難です。

    まとめ

    オイスターソースとウスターソースは、
    原料も風味も全く異なるソースです。

    そのため、お料理で代用することはお勧めできません。

    オイスターソースがどうしても必要な時には、
    ウスターソースで代用せず、面倒でも買い物に行き
    新しいオイスターソースを手に入れることをおススメします。

    ウスターソースを使用すると、酸味やスパイシーさが際立つので、
    本来のオイスターソースの味わいを穴埋めすることができません。

    中華風のあんかけ焼きそばと、日本のソース焼きそばが全くの別物のように、
    オイスターソースとウスターソースも、
    お互いに代用できるソースではないと覚えておきましょう。

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link

    おすすめ記事