熱い夏場は飲み物を冷やしてくれる氷が欲しくなるもの。

氷を作るのに必要不可欠なのは製氷皿ですよね。

程よいサイズの氷は夏場だけでなく、
お酒を飲むときにもあると便利です。

null

昔はプラスチック製の製氷皿が多かったですが、

最近では歪みにくいシリコン製の製氷皿や、
ほこりやゴミが入らなく蓋付きの製氷皿などなど。

いろいろな種類の製氷皿が販売されています。

ということで!

今回は、おすすめの製氷皿をまとめました。
ちまたで人気の製氷皿をチェックしていきましょう!

Sponsored Link

アスベル フタ付ビックアイストレー

ブロックアイスを10個作ることができる製氷皿です。

蓋が付いているので水こぼれを防ぐことができますし、
ゴミやほこりが入り込まないので衛生的です。

重ねて収納できるのでいくつか購入してたくさんの氷を一気に作ることもできますし、
底に滑り止めが付いているので冷凍庫で滑って落ちてしまう危険もありません。

幅5cm×奥行4cm×高さ3.6cmのビックサイズの氷が作れるのでお酒の氷にぴったりですし、
魔法瓶水筒に入れて冷たさを持続させることもできます。

氷が大きいと溶けにくいのでスポーツ用にもおすすめです。

ただ、付属の蓋はしっかりと密閉できるような蓋ではないので
横にすると当然落ちてしまうので注意が必要です。

本体サイズ:幅13×奥行30×高さ4cm
氷のサイズ:幅5×奥行4×高さ3.6cm
本体重量:200g
材質:ポリプロピレン樹脂
原産国:日本国
付属品:蓋付き
製品仕様:ブロックアイス10個取り
参考価格:255円


iLoveCos(アイラブコス)8個四角氷が作れるシリコン製の製氷皿

5cmで真四角の氷を8個作ることができるシリコン製の製氷皿です。

かなり大きな氷なので溶けにくく気温の高い夏場には重宝する氷です。

口径が広い水筒であれば入れることができますし、
ウイスキーグラスやバーボングラスに入れる氷としては最適です!

シンプルで使いやすいブラックカラーが人気ですが、実はカラーは9種類あり、

  • ピンク
  • オレンジ
  • などバリエーション豊富です。

    BPAフリー商品で、人体に影響がない安全な商品であることを食品医薬品局が認定しているので
    小さな子供がいるご家庭でも安心して使うことができます。

    ただ、大きな真四角の氷なので高さが結構あり、
    氷が取り出しにくいというデメリットがあります。

    本体サイズ:21.5×11.5×5.2cm
    氷サイズ:5×5×5cm
    本体重量:90.7g
    材質:シリコン樹脂
    参考価格  699円
    備考:食器洗浄機、オーブン、冷蔵庫、電子レンジ使用可能


    ベビーフードコンテナとしても使えるシリコン型の製氷皿

    小さなアイスボールとアイスキューブの2種類を作ることができる
    シリコン製の製氷皿2点セットです。

    蓋が付いているので水こぼれを防ぐことができますし、
    蓋もシリコン製でしっかりと密閉する蓋なので
    冷凍庫内でずれたり落ちたりしても蓋が外れる心配がありません。

    氷作りはもちろんですが、色とりどりのジュースを混ぜて作れば
    可愛いボール型のアイスキャンディーになります。

    また、シリコン製なのでお菓子作りにも使え、

  • チョコレート型
  • ババロア型
  • ゼリー型
  • 杏仁豆腐型
  • などを作る場合にも使うことができます。

    プラスチック製の製氷皿だと固くて氷を取り出すのに苦労しますが、
    シリコン製の型は後ろをぽこっと押すだけで簡単に取り出せます。

    サイズ:幅24×奥行7.3×高さ2cm,
    本体重量:145g
    素材:シリコン樹脂
    カラー:ピンク
    参考価格 1,399円
    備考:食器洗浄機使用可能


    まとめ

    今回はおすすめの製氷皿を紹介しました。

    調べてみると蓋付きの製氷皿やシリコン製の製氷皿はたくさん販売されていますが、
    シリコン製かつ蓋付きの製氷皿は意外と少ないものです。

    水がこぼれる心配がない蓋付きで取り出しやすい
    シリコン製の製氷皿はメリットが多いですが、
    使いやすい分価格が高くなってしまうのがネックです。

    追加で購入する製氷皿は、ベビーフード用、お酒用など、いろいろと使えるので、
    用途別にびったりマッチしたものをチョイスするようにしましょう。

    null

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link