キッチン用品

ケーキサーバーとは?どんな種類があるの?おしゃれなケーキサーバーや使い方も紹介!

ケーキを取り分けるときにケーキを運ぶためのケーキサーバー

包丁に乗せて運んでるし必要なくない?

という人も多いですが、
あるとやっぱりイザって時に便利です。
(^^

null

確かに絶対になくてはならないものではありませんが、最近はケーキサーバーも進歩しています。というのも失敗なく簡単にケーキを取り分けられるケーキサーバーがいろいろと販売されているのです。しかも昔に比べてデザインんが洗練されているので、きっちんに並んでいてもとってもオシャレ

ということで今回は、いろいろな形のケーキサーバーや、便利で人気のケーキサーバーなどをみていきましょう。

Sponsored Link

ケーキサーバーとは

ケーキサーバーというのは切ったケーキを取り分けるのに使う、長三角形のパレットナイフ状の道具のこと。

ナイフで切ったケーキをサーバーに乗せることで、切ったケーキを倒すことなくキレイにお皿に移動させることができます。

一人分のケーキを板に乗せるようにして使うサーバーもあれば、挟むようにして持ち上げるタイプもあります。

それでは次に、どのような形状のケーキサーバーがあるのかについてみていきましょう。

いろいろな形のケーキサーバー

パレット型

一番ポピュラーなのが昔からあるパレットナイフのような形をしたケーキサーバー。

長三角形のパレットナイフの上に一人分のケーキを乗せて運ぶことができます。

金属製のものが主流ですが、最近ではカラフルなプラスチック製、シリコン製のパレットナイフもあり、北欧デザインっぽい木製のものもあります。

ナイフ&サーバー型

ケーキを食べるときにわざわざナイフとサーバーの2つを用意するのって面倒ですよね。
べったりと付いたクリームを洗うのも手間がかかります。

その手間を楽にしてくれるのがこのナイフ&サーバー型のケーキサーバー。
なんと一本でケーキを切ることもできて、お皿に運ぶことができます。

形状はさまざまですが、三角形のパレットナイフの端がナイフになっていてケーキを切ってから乗せるものもあれば、ケーキサーバーをケーキに押し付けて一人分をカットし、そのまま挟んで運ぶタイプのものもあります。

Sponsored Link

おしゃれで便利なケーキサーバーも!

最近おしゃれで便利なケーキサーバーとして注目されているのが、

Magisso cake server

なんです。^^

画像クリックでAmazonにリンクします。

鳥のような形になっていて、二本出てるのに分かれてないですよね。^^

フィンランドのブランドが開発したこのケーキサーバーはおしゃれな北欧デザインと日常役に立つ新しいアイデアがつまったアイデア商品。

ホールケーキにこのmagissoのケーキサーバーを押し付けるだけで簡単に一人分のケーキを切り分けることができますし、そのまま持ち上げて取り分けができるのでケーキがころっと倒れてしまう心配がありません。

金属のものもあれば、プラスチック製のカラフルなものまであり、デザインがとにかくおしゃれなので持っているだけで楽しくなってしまいますよ♪

まとめ

今回はさまざまな形状のケーキサーバーについて紹介しました。

ケーキサーバーというと昔ながらのパレットナイフの形のものを思い浮かべてしまいますが、最近ではとても洗練されたデザインのおしゃれなケーキサーバーもたくさん販売されています。

特にMagisso cake serverは可愛くて使いやすいと評判になっていて、売れ筋のケーキサーバーランキングでも上位に入っています。

お誕生日やクリスマスなど、大勢でケーキを食べる機会が多いという場合は、家にひとつあると便利ですよ~。

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link

おすすめ記事