生活

万年筆の人気ブランド!初心者におすすめのメーカーはココ!

成人のお祝いや就職のお祝いで万年筆を贈ることは多いですよね。

ですが、

万年筆は使う頻度が多いボールペンやサインペンと違って、
なかなか使い方が難しいもの。

あまり最初から高価なものを使ってしまうと、
壊してしまった場合のダメージが大きいですよね。
(^^;

初心者でも簡単に使いこなすことができる万年筆や、
丈夫で扱いやすい万年筆であれば、どのメーカーのものがおすすめなのでしょうか。

null

と、いうことで!

今回は、万年筆の人気ブランドをまとめました。

自分用にもプレゼント用にもおすすめの
お手頃な値段の万年筆をチェックしていきましょう!

Sponsored Link


パイロットの万年筆(カスタム74)

筆記具で有名なブランド・パイロットから販売されている高級感あふれる万年筆です。

シックなブラックの万年筆で、ポケットホルダーとペン先、
ラインにゴールドが輝いているので落ち着いた大人の雰囲気です。

また、ペン先には美しい彫細工がほどこされています。

中字タイプなので丁度良い線の細さで、
軽く滑らかな書き心地が味わえます。

高級感があるので特別な印象のある万年筆ですが、
よく手に馴染むようにというこだわりの元に作られています。

なので普段使いにもぴったりで、その艶やかな触り心地は癖になります。

本体サイズ:長さ14.3mm厚さ1.5cm。
本体重量:17.4g
付属品:カートリッジインク×1個付き。ペン先14K(5号)、軸、キャップ
材質:樹脂
インク色:ブラック
ブランド:パイロット
参考価格:7,075円


プラチナ万年筆

有名筆記具ブランドであるプラチナが持てる
技術のすべてを注ぎ込んだ集大成といえる万年筆です。

他の筆記具に比べてインクが乾きやすいという万年筆の欠点に着目し、
インクの乾燥を防ぐ工夫を新たに加えた

スリップシール機構

をキャップ部分に採用しています。

さらにペン先にも工夫を加えていて、通常のものよりインクが
流れやすい構造になっているので滑らかな書き味が実現しています。

通常、万年筆というのはインクの入れ替えなど定期的なメンテナンスが必要です。

しかし、この万年筆は乾燥を防ぐキャップのおかげでインクが詰まりにくく、
1年以上メンテナンスしなくても新鮮なインクのままで使うことができます。

機能性が高いのはもちろんですが、デザイン性にも優れています。

というのも、ブラックを基調としたシックなデザインは
ビジネスシーンでもプライベートシーンでも活躍してくれます。

ただ、細字の万年筆なので太字のものに比べるとインクの出が少ないと感じることもあります。

本体サイズ:長さ13.9cm最大軸径1.5cm
本体重量:20.5g
インク色:ブルーブラック
材質:AS樹脂
ブランド:プラチナ
参考価格:7,560円


LAMY ラミーの万年筆

ドイツのペンメーカーであるラミーから販売されている極細字の万年筆です。

深みのあるインペリアルブルーのシンプルな万年筆なのでビジネスシーンにもぴったりです。
良い意味でファッションの邪魔をしないスーツにもカジュアルにも合うデザインです。

しかし、よく見るとシルバーのプロペラ型ポケットホルダーやペン先に高級感があり、
計算し尽くされたさり気ない美しさが光る1本になっています。

極細字の万年筆ですが、紙に引っかかることもなくスムーズに文字を書くことができますが、
やや重量があるので長時間使用していると重く感じることもあります。

本体サイズ:長さ13.9×厚さ1.2cm
本体重量:82g
材質:金属
インク色:ブラック
ブランド:ラミー
参考価格:8,660円


まとめ

今回は万年筆の人気ブランドを紹介しました。

パイロットは有名ですが、プラチナやラミーも
万年筆のブランドとして人気が高くたくさんの愛用者がいます。

3,000円~7,000円の商品が多いですが、
探せば1,000円~2,000円の万年筆もあります。

初めての万年筆なのであまり高価なものは・・・

という場合はお手頃価格のものから試してみるのもいいですね。^^

今回は以上です。
ご参考になりましたら幸いです。
(*゚ー゚*)ノ

Sponsored Link

おすすめ記事