キッチン用品

手動の泡立て器のおすすめは?めちゃめちゃよく泡立つのはコレ!

お菓子作りの工程において欠かせない調理器具といえば、

泡立て器

生地の混ぜ合わせはもちろん、卵をかきまぜたり、
ホイップクリームを作るときにも必要不可欠な存在です。

null

しかし、手動でシャカシャカ泡立てるのって大変ですよね~。
手も疲れますし泡立てるのに時間がかかります。

効率よく泡立てることができて、手の負担にならない泡立て器といえば、
どのようなものがあるのでしょうか。

ということで!

今回は、おすすめの手動の泡立て器を紹介します。
めちゃめちゃよく泡立つ人気の泡立て器をチェックしていきましょう!

Sponsored Link

パール金属 EEスイーツ ステンレス製

パール金属から販売されているステンレス製の泡立て器です。
軽量で力が入りやすいので素早く泡立てることができます。

小麦粉やバターを混ぜ合わせたり、ダマができないように
ゼリー液をかき混ぜたりとお菓子作りには便利なシロモノ。

ですが、それだけではありません。

お好み焼き粉と野菜を混ぜたり、オムレツの卵を攪拌することもできるので、
お菓子作り意外でも意外と重宝します。

ステンレスは丈夫なのでかき混ぜる際に強くボールに叩きつけてしまっても、
歪んだり、破損したりする心配はありません。

泡立て器のヘッド部分だけでなく持ち手部分まで
すべてステンレス製なので錆防止になります。

持ち手部分に引っ掛ける穴が付いているので収納にも便利です。

サイズ:幅6.5×全長32cm
本体重量:90g
材質:ステンレス鋼
参考価格:972円


OXO 泡だて 器 バルーン ウィスク (大)

どんな人にも使いやすいキッチンツールを創ろう

がキャッチコピーのキッチンメーカーOXO(オクソー)から販売されている、
29cmの大型のステンレス製泡立て器です。

上手く泡立てるためにはどうしても長時間泡立て器を動かさなくてはいけないので、
そんな泡立て器の「持ちやすさ」を考えて開発された泡立て器です。

樹脂製のグリップが付いているので手首の負担が軽減されますし、
握りやすい丸みを付けたデザインになっています。

泡立て器に使われているステンレス線が10本なので、
振動数が多くて早く泡立ちます。

ケーキやクッキー作りにも便利ですが、
味噌汁の味噌を取って溶かすときにも便利です。

サイズ:29×7×7cm
本体重量:103g
材質:熱可塑性エラストマー、ポリプロピレン、ABS樹脂、ステンレス鋼
原産国:中国
参考価格:1,296円


ティファール 泡立て器 キッチンツール インジニオ

人気のキッチンメーカー「ティファール」から販売されている泡立て器です。

泡立て器のヘッド部分はステンレス製のことが多いですが、
この泡立て器のヘッド部分はシリコン樹脂でできています。

金属ではないのでボールに当たってカチャカチャ音がなくことがないですし、
柔らかいのでぶつかって傷が付く心配もありません。

持ち手部分も樹脂で加工してあるので滑りにくく扱いやすいですし、
耐久性があり衝撃に強いというメリットがあります。

機能性が高いのはもちろんですが、デザイン性が高いというのも特徴で
トップ部分の赤と持ち手部分の黒がスタイリッシュで、
おしゃれなキッチンに生える色合いです。

サイズ:幅7.5×奥行7.5×高さ29.2cm
本体重量:75g
材質:シリコン樹脂(耐熱温度230度)、ワイヤー、ステンレス鋼、ABS樹脂(耐熱温度100度)
生産国:中国
参考価格:975円


まとめ

今回は手動の泡立て器のおすすめについて紹介しました。

泡立て器なんてどれも同じでしょ?

と思っている人は多いですが、

  • 材質の違い
  • グリップの有無
  • 軽さ
  • デザイン
  • など、さまざまな違いがあります。

    オムレツ作りやお好み焼き作りで使うのであれば
    大きくかき混ぜられる泡立て器がおすすめですし、

    生クリームやメレンゲなどに使うのであれば
    長時間かき混ぜる軽くて持ちやすい泡立て器が良いです。

    null

    よく使う仕様用途に応じて、
    使いやすい泡だて器をチョイスしてくださいね!

    今回は以上です。
    ご参考になりましたら幸いです。
    (*゚ー゚*)ノ

    Sponsored Link

    おすすめ記事